講座・シンポジウム

壮大なる出雲の交流ー国家形成期の出雲をめぐる古代交通ー                                                     

古代出雲は決して孤立した地域ではありませんでした。

北海(きたつうみ)とも称される日本海を舞台とした水上交通。

あるいは山陰道をはじめとする陸上交通。

さまざまな手段を駆使しながら、九州・北陸・そしてヤマトと交流が行われていたのです。

今回は古代国家形成期に焦点をあて、当時の壮大な交流の痕跡から古代出雲の実像に迫ります。

アンケートにご協力ください!→回答ページ(当センターからのお知らせメール配信登録もこちら)

基調講演 森田喜久男(淑徳大学教授)「出雲への道・出雲からの道」

Ⅰ 出雲と他地域との交流伝承

(Youtubeに移動します)

Ⅱ ヤマト王権と出雲ー海の道と山の道ー

(Youtubeに移動します)

Ⅲ 律令制下の出雲ー出雲国計会帳は語るー

(Youtubeに移動します)

パネルディスカッション 交通・交流からみえてきた古代出雲の実像

報告1 仁木聡(島根県埋蔵文化財調査センター)「古墳時代の交通画期からみた出雲の交流」

(Youtubeに移動します)

報告2 坂本嘉和(鳥取県教育文化財団)「因幡・伯耆における古代山陰道研究最前線」

(Youtubeに移動します)

ディスカッション パート1 

パネラー:森田喜久男・仁木聡・坂本嘉和・橋本剛(島根県古代文化センター)

司会:吉永壮志(島根県教育庁文化財課)

(Youtubeに移動します)

ディスカッション パート2

(Youtubeに移動します)

ディスカッション パート3

(Youtubeに移動します)